亀有にいってきた

こち亀で有名な

今日はは会社が休みでした。
幼稚園年少の娘とアリオ亀有まで、遊びに行きました。

 

私の家は、漫画、こち亀の両さんで有名な亀有です。

 

アリオ亀有は、徒歩5分程度で到着します。私達家族の遊び場になっています。

 

娘は、私と行くのがよっぽど嬉しいのかテンションが上がっていました。

 

目的地の途中道端のネコジャラシの雑草をとって、てくてくと歩く姿を見つめて、『大きくなったな〜』と思っていました。

 

 

入口から入ると、私は自動販売機で100円のコーヒーを買い、途中で飲もうと考えていましたが、

 

娘がコーヒーを買うのを見ていたので、「ちょうだい。」とせがまれ、半分持っていかれました。

 

娘は勘がいいので、次は、食品売り場に誘導されて、菓子パンを1つ買わされました・・・。
フードコートで、その菓子パンを娘と一緒に食べました。

 

私のなしのお小遣いが消えていくと悲しい気持ちになるのを堪えて、娘の笑顔に癒されていました。

 

 

娘と3階のおもちゃ売り場にいくと、ドラエモンとキティちゃんのコラボの売り場で娘は、DVDを熱心に見ていました。
なんと、約30分間、何度もくり返されるDVDを熱心に見ていました。

 

私もさすがにしびれが切れて娘と違う場所に移動しました。

 

次の場所は、キキララのおもちゃで遊べる場所に行きました。少し遊んでいると、隣に違う娘と同じぐらいの女の子が遊びに来ました。
ちょうど子供がもう一人遊べるスペースがあり、その子供はお母さんと一緒にきて、いきなり娘が使っていたものを取り上げて自分の物にしました。

 

私は、そのお母さんが注意するのかなと思っていたら、ななんとスルーでした。

 

隣の子供がまた、娘の物を取ろうとしたら、娘もガードして取られるものかと必死に抵抗していました。
でも、娘も利口なので一つ自分のおもちゃを隣の子に分けて自分が取られたくないものを、守っていていました。

 

結局は、お人形をほとんど隣に分けて、自分の遊ぶ必要な分でだけで満足している自分の子供をみて誇らしい気持ちになりました。

 

『子供の事だと思い、そこは、見て見ないふりはいけないのだな、子供は、それがいいと思うと、どんどんと調子に乗るのだな』と思いました。
今度からは、私が注意する必要があると気が付いて勉強になったこの頃です。